奥深く面白い水の世界へ!水とともに毎日をもっと楽しもう

突然ですが、あなたが普段口にしている「水」について考えたことはありますか?日本では、水道の蛇口から飲食に使える衛生的な水が出て、お店にはミネラルウォーターが揃い、自販機でも気軽に買うことができます。その当たり前さゆえ、普段なかなか注目されることが少ない「水」。だからこそ今、「水」の大切さと奥深い面白さについて考えてみませんか?

生命を維持するのに最も大切な「水」

人間の身体の半分以上は「水」!

人間の身体をかたちづくる物質の中で、一番割合が大きいのは、ダントツで水。きっと一度は、どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。人体組成の半分以上が水でできているとよく言われていますね。

より厳密には、人間の身体において水分が占める割合は年齢によって移り変わり、約50%〜75%と様々。生まれる前の胎児においては何と約90%を占めます。それほど、水は生命の維持になくてはならないものなのですね。

「食べない」より「飲まない」が命とり!

人体の半分以上を占める水。この水分量が減ると、喉の渇きに始まり、だるさ、頭痛等症状がひどくなっていき、ひいては血液循環や臓器の不全へとつながります。

具体的には、水を1滴も飲まないと、4-5日しか生きることができません。

熱中症になったことのある方は、熱中症は死につながる病気なことを実感する辛さがあった、という方もいらっしゃるかもしれません。筆者自身も、体中をノックするかのような信じられないほど早い脈拍、熱と痛みとだるさ、息苦しさ…これは、死にうる症状だ、熱中症は怖い…と思いました。(おかげさまでその後、無事治癒しました。)
熱中症も、水分摂取と密接に関係していますね。

一方、水分をとっていれば、食べ物を食べなくても、1ヶ月近く生きていられるのだそうです。
(食いしん坊の筆者はその自信はありませんが…笑)

水分がこれだけ生命維持に必要な理由ー
それは、水分が血液を維持し、その血液が酸素と栄養を体内の隅々まで運ぶ大切な働きがあるからなのです。

酸素無しには生きていけない、その酸素を巡らせる血液、それを支える水、と考えると「飲まない」と「食べない」の生命維持日数の差にも納得できますね。

(人体において水が占める割合や、減っていくとどうなるかの詳しいお話は改めて…お楽しみに!)

健やかに、アクティブに(^O^)
引き締まったボディへと導く
Venelホットジェルがすごい!

詳しくはこちら

このサイトであなたも「水博士」に!?

水の大切さと奥深さを楽しみながら学ぼう

私たちの生命においてこれほど大切な水。でも普段の生活を考えると、改めて水について考える機会は、かなり少ないのではないでしょうか。

深刻な水不足、断水、メンテナンスによる水道供給の一時停止等、「いざ使えない」状況にならないとなかなか、水の大切さについて振り返ることがないように思います。それだけ、当たり前に水を使える恵まれた環境にあることに、改めて感謝したいですね。

そして、だからこそ今、水の大切さを考え、水にまつわる様々なことを楽しく掘り下げていこうという思いでこのサイトができました。

このサイトで取り上げていくコンテンツの概要を、ここでちょっとご紹介しましょう。

「水」を通して考える「健康」と「美容」


生命の維持に大切な水は、健康の維持とも密接な関係があります。健康づくりにおける水について、改めて考えてみませんか?

そして、私たちが飲む水の水質や、飲み方の工夫等にも目を向けます。さらには、空気中の水分(つまり湿度)、身体を守ってくれる水分について改めて注目します。

健やかな身体だけでなく美しく生きるのに大切な水。美容にもフォーカスをあてます。女性はもちろん、男性にも知ってほしい情報がたくさんですよ!

「水」は生活の中でどれだけ活躍?社会やトレンドにも注目!


洗濯機には一度の水量が書いてあるけれど、洗い物に使う水の量は?お風呂は?洗面は?そんな日々の生活と水の話から、金属や金庫を水圧で切るウォータージェットカッター等、社会の意外な場面で活躍している水についてもお話します。


私たちの生活に密接しているからこそ、水にまつわるトレンドやブームも数多くありますね。
明日の話題にしたい水の話題や雑学もご紹介していきますので、お楽しみに!

世界の「水」にまつわるスポットや文化を旅気分で紹介!


ししおどし、水芸、水琴窟…日本だけを見ても、水にまつわる文化がたくさんありますね。

ここでは日本のみならず、世界に目を向けて、水にまつわる文化や涼しげな水の風景、美味しい水を求めて旅に出たいスポットまでご紹介していきます。

水をテーマに世界を巡る旅気分を味わってみませんか?

「水」から広がる世界を楽しもう

何気ない毎日がぐんと面白くなる「水」の世界

今回は、このサイトで水にまつわるどんな話題を取り上げていくかをご紹介してきました。いかがでしたか?

調べれば調べるほど奥深く、楽しく、私たちの間近にありながらも、私たちの知らない世界までも導いてくれる水。

肩肘はらずに、ワクワクしながら楽しめるよう、張り切って更新していきますので、よろしければ末永くお付き合いください。

今後ともどうぞよろしくお願いします!